• ホーム
  • 日本人にはラブグラは強い?身体にあった量を服用!

日本人にはラブグラは強い?身体にあった量を服用!

考える男性

ラブグラに含まれる成分はシルデナフィルと呼ばれるもので、男性なら知らない人はいないであろう、有名なED治療薬のバイアグラと同じものが含まれています。
基本的にバイアグラと同じ効果を有しているため、血管拡張の作用を持ち、女性が服用することで陰茎の周囲の血行を良くします。
血流が増進されることで感度が向上し、膣内の潤いを増やして挿入時の際に感じる痛みを少なくします。
女性用の性に関するグッズは媚薬といったものが相場となっていますが、ラブグラには性欲を向上させたり、催淫作用といったものは持ち合わせていません。
バイアグラは男性のための勃起不全の改善薬でしたが、ラブグラは女性のための不感症改善薬となります。
配合されるシルデナフィルは1錠につき100mgとなっていますが、これは一般的な成人の体格では多すぎるとされます。
多量に摂取すれば効果が増大されるということはなく、副作用のリスクが高まるだけなので、ピルカッターなどで分割する必要があります。
シルデナフィルの摂取量は50mgが最大となっていて、体の小さい日本人では50mgでも多い可能性があります。
そのため、初めて利用する人は、1錠を4分の1に分割して25mgから始めることが推奨されています。
それでも効果がない場合に限り50mgに増やしたり、効果はあるけれどめまいや頭痛がするなといった場合はさらに細かく分割するなどの調整が必要になります。
ラブグラは100mgのみが販売されているので、50mgなどの規格を探しても見つかることはありません。
1錠あたり250~300円あたりの薬価となっているので、4分の1に分割すれば1回あたりの料金は62.5~75円と非常にお得に利用できます。

サイト内検索
人気記事一覧