• ホーム
  • ラブグラの具体的副作用事例

ラブグラの具体的副作用事例

OKサインを出している男性

ラブグラは女性のためのバイアグラのジェネリック薬で、女性が性的な満足感・絶頂感を得られるように開発された薬です。
ジェネリック薬というのは新薬と同じ内容で作られた薬で、ラブグラの主成分もバイアグラと同じシルデナフィルです。
女性が性行為の前にラブグラを服用することで、外陰部や膣内の血流量が増えて性交時に粘液の量が増し性的な快感を得やすくなり、また絶頂感を感じにくい悩みにも効果があります。
また膣の潤いが増すことで性交痛が軽減されますし、その分性的な快感が得やすくなるために性生活をより一層楽しむことができる薬です。
ラブグラの有効成分であシルデナフィルは、腸で吸収されるために食事の影響を受けやすいという特徴があります。
そのため、空腹時に適量を服用するのが適したタイミングとされています。
これは、薬の効果を最大限に得るためと、副作用を抑えるためです。
暴飲暴食をしてからララブグラを服用すると、薬の効果がしっかり得られないばかりか副作用の症状が強く現れる可能性がありますから要注意です。
ラブグラの主成分であるシルデナフィルは、血管を拡張させて生殖器に大量の血液が流れ込む作用をする薬です。
そのため、血管の拡張による動悸や頭痛、顔面の紅潮やほてり、血圧が大幅にまた急激に降下することによるめまいといった副作用が現れる人が多くなっています。
さらに、皮膚に発疹状のアレルギー反応が見られる人もいます。
その他、めまいとともに消化不良や鼻が詰まる、視覚の異常や下痢といった副作用症状もよく見られます。
精神面では、興奮して眠れないという副作用も報告されています。
ラブグラを服用したら、車の運転などは控えるのが安心です。
また気分が悪いと感じたら、重大な副作用の予兆という可能性がありますから医師への相談が必須です。